年収が高い資格ときくと、誰でも弁護士や医師を思い浮かべることと思います。 しかし、現実的には、誰でもこうした資格が取れるわけではありません。 そこで、社会人になってからでも努力次第で取得する事ができて、年収アップを狙える資格を調べてみました。 まず、一番の注目株なのが、人気資格でもあるファイナンシャルプランナー(資格制度が整備されるまでに紆余曲折あったようです)です。 比較的チャレンジしやすく、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)も年に何回も行われるので、取得までの期間が他の国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もあるため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)に比べて短いのも魅力です。 しかも、国家資格なので、キャリアアップにも年収UPにも役立ちます。 独立開業(その7割が開業して5年以内に倒産しているという統計結果があるそうです)で大きく稼げる可能性も広がるのが、社会保険労務士です。 もちろん、事務所に勤務すると言った道もありますが、いずれにしろ高所得が期待できるのです。 中小企業診断士は、コンサルタント(有益なアドバイスが得られることもありますが、全く役に立たないこともあります)関係の会社で働くには必須の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)です。 平均年収も高く、これからもニーズが高まることが予想されますので、本気で狙ってみたい有望株の資格の一つでしょうー